qrcode.png
http://homefit-co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
株式会社 秋田屋
Fit事業部

●フィット事業部
〒252-0237
神奈川県相模原市中央区千代田4-11-9
TEL.042-769-0564
FAX.042-733-0567

●本社
〒252-0237
神奈川県相模原市中央区千代田1-8-14
TEL.042-756-0345
FAX.042-754-9927

──────────────
●建築工事
●サッシ/木製建具/注文家具工事
●クロス/インテリア工事
●建築設計/インテリアコーディネート
●小売部門/オーダーカーテン/ブラインド/ロールスクリーン/照明器具
────────────── ●建設業許可
神奈川県知事(般-25)第74302
●一級建築士事務所
登録(神)13825号
●日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 会員 No,3273
●一級建築施工管理技士
●宅地建物取引主任者
●リクシル 水回りマイスター
●木造住宅耐震診断士
●福祉住環境コーディネーター
●(財)住宅性能保証制度
登録 21019846

●セキュリティーアドバイザー
認証番号 第12-0715
●(社)かながわ住まい・まちづくり協会施工業者登録
登録番号 510 
●GHハイブリッド制震工法認定施工店
登録番号 第000012号

007375
 

木造住宅耐震診断

 

木造住宅耐震診断

木造住宅耐震診断
 
木造住宅の耐震診断を一般診断法で行っております。

住宅は、財産であることは、もとより、生命を守るという意味もあります。

どうせ、地震なんか、いつ来るかわからないから、そのときは・・・
とかおっしゃる方もいますが、後悔は、先に立たないの言葉の通り
どんな強さの家に住んでいるかを把握しておくことをお勧めいたします。

また、予算に合わせた、耐震補強計画を一緒に考えるお手伝いを
させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

 

相模原市の耐震工事助成制度の流れについて

相模原市の耐震工事助成制度の流れについて
 
相模原市のホームページにリンク
 

耐震診断現地調査

耐震診断現地調査
 

減震くんの開発経緯

減震くんの開発経緯
 
1995年1月17日未明に突如発生した阪神大震災では、大都市を直下型地震が襲ったためビルや住宅を始めとして数多くの建物が倒壊や破損しました。
この大震災を受け建築業界では、ビルの地震対策構造として「免震構造」「制震構造」を積極的に採用してきました。ビル向けの免震構造用オイルダンパ制震構造用オイルダンパを製造・販売しております。そのような流れを受けて住宅業界においても地震対策構造として、免震・制震構造を要望する声が上がってきておりました。しかし、これらの地震対策工法のうち「免震構造」は、設置のための良好な地盤、コスト高(約200〜600万円、基礎工事含む)等の課題が多く残されており、一般に普及するにはまだ時間がかかります。そこで、ビル向けの制震用オイルダンパで培った制震技術自動車用ショックアブソーバの量産技術を応用した制震ダンパ「減震くん」の開発に着手しました。「減震くん」は、自動車用ショックアブソーバを利用したことにより、ビル向けのオイルダンパに比べ極めて小型で壁内に収まるコンパクトな設計でありながら、阪神大震災クラスの大地震への対応が可能となっています。
また、「免震構造」と比較しても、お施主様に負担の少ないリーズナブルな製品にすることができました。
 

減衰力発生の原理と構造

減衰力発生の原理と構造
 
 「減震くん」はオイルダンパの構造原理を踏襲していますが、その構造原理はまさに水鉄砲が水を発射する仕組みそのものなのです。水鉄砲をゆっくり押すとあまり抵抗なく水が発射されますが、速く押せば押すほど、また水の出る孔が小さければ小さいほど抵抗を強く感じます。「減震くん」では、水に代わるオイルがピストンの小孔(オリフィス)を通過する時の抵抗力が「減衰力」というわけです。地震で家屋が左右動しようとするエネルギーを減衰力により吸収して家屋の揺れを抑え、地震による被害を最小限にすることができます。
                                         よくあるご質問はこちら⇒


【耐震リフォーム概要】
●相模原市のホームページよりご確認ください⇒


【耐震補強基準住宅の減税措置】
●相模原市のホームページよりご確認ください⇒
<<株式会社秋田屋>> 〒252-0237 神奈川県相模原市中央区千代田4-11-9 TEL:042-769-0564 FAX:042-733-0567